マネジメントとビジネストレンドの知見を得るMBAメディア

タグから検索する

MBAダイジェスト 2019/06/11

戦略的人材マネジメント1(4)マインドセットは変えられるのか?

 
執筆:佐藤祐樹(BBT大学院MBA本科修了、三丸化学株式会社 取締役)
対象科目:戦略的人材マネジメント(川上真史 教授)

今さら聞けない「マインドセット」とはなにか?

そもそもマインドセットとはなんでしょうか?

辞書で調べると、「考え方の基本的な枠組み」なんていう説明があります。わたしは、教授に怒られてしまうかもしれませんが、「考え方の癖」のようなものだと理解しています。

困難な状況になったとき、「あ、面白い!」と思えるかどうか?

あなたがそう思えても、思えなくても、どちらでも、それがあなたのマインドセットです。

「あなたがどう思うか?」だけです。

困難を乗り切るために必要なその他の能力の有無は関係ありません。

どんな状況下でも「面白い」と思えるマインドセットを持っていれば、直面した困難を乗り越えられる可能性が飛躍的に高まります。

このマインドセットは、実は正しい方法と努力によって変えられます。

ポジティブなマインドセットに変えたほうが、幸せに生きられますし、仕事でも成果が出ます。
周囲の人もあなたのことがもっと好きになってくれるでしょう。

どうせ変えられるのなら、変えておいたほうがいいと思います。

人間の感情はどう生まれるのか?

マインドセットの変え方を知るためには、どうやって形成されるものなのかを知る必要があります。なかなか心理学っぽい感じになってきましたね。

マインドセットの形成は4段階です。

まず、あなたが何らかの事象を「経験」します。

例えば、そうですね、あまり親しくない人から急に背中を叩かれるとしましょう。

あなたの心に「情動」が発生します。

情動とはまだ方向性の定まっていない心の動きです。

単に驚いている状態、と思ってください。

その次にあなたの心の中で「誘因」が起きます。

誘因とは、動因と合わせて動機というとかいろんな理屈があるのですが、何らかの外環境からの影響のことだと思ってください。

その後にあなたの心の中で「感情への発展」が起きます。

誘因された事実を解釈することで、方向性のある心の動きが起こります。

ようは、喜怒哀楽といった感情を感じるということです。

さて、あなたは、背中を叩かれたという経験によって情動が発生した状態、つまりびっくりしました。

ポジティブに生きるためには、そこにどのような誘因を紐付けるのか、が重要です。

瞬間的に、外環境からの悪意の誘因刺激だと紐付けるか?

それとも親しみの表れの誘因刺激だと紐付けるか?

もし前者であれば、恐怖や怒り、落胆などのネガティブな感情へと発展してしまいます。

しかし、もし後者であれば、喜びや楽しさ、愛しさ、面白さといったポジティブな感情を得ることができます。

人間の脳は高機能なので、得られた感情はある程度言語化されて記憶されます。

次に同じような「経験」をしそうになると、過去に感じた「感情」を思い出し、積極的に近づこうとするか、それともできるだけ避けようとするかを判断するようになります。

同じような「経験」と、そこから引き起こされる同じような「感情」を繰り返し得ると、考え方の癖、行動様式ができあがります。

晴れて(?)、あなたのマインドセットの完成です。

ポジティブな誘因を心がけよう

今あるマインドセットを変えようとするなら、現在のマインドセットが形成された4段階のステップを、新しい情報で何度も何度も上書きする必要があります。

何度も繰り返し上書きすることで、過去のマインドセットが薄れ、新しいマインドセットに書き換えることが可能です。

その際に重要なのは「誘因」のフェーズです。

ポジティブな誘因ができなければ、ネガティブな感情を得てしまい、マインドセットが変わるどころか固定化されてしまいます。

ポジティブな誘因をどう紐付けられるか?

あなたのポジティブな動機になるようにコントロールできるものなのか?

身も蓋もない話ですが、これは結構難しい挑戦です。

「急に背中を叩かれてもポジティブな感情に発展させるような誘因を心がけるぞ」と決意して生きる必要があります。

でも、「自分には無理だ」と思わないでください。

無理だと思うその考え方が、既に今のあなたのマインドセットに支配されているのです。

逆に、面白そう、と思ったあなた。

あなたは既にポジティブなマインドセットの持ち主です。

佐藤祐樹

BBT大学院MBA本科 修了 三丸化学株式会社 取締役事業部長
1974年生、宮城県仙台市出身。
大学でデザイン(専門はシルクスクリーン)を学んだ後、写真業界、出版社勤務を経て現企業に転職。営業・マーケティング部門で活躍中、2011年3月に出張先で被災。
その後2年間、企業勤めの傍らボランティアセンターの運営に携わる。
2013年にBBT大学院に入学、2015年MBA取得、同年取締役事業部長に就任。事業活動の責任者としてマーケティングから人事まで幅広く担当している。
また、2015年10月に友人とコーヒーの焙煎販売を行う株式会社リュミヌー珈琲を設立。
その他、コピーライターや事業計画作成支援、大学の補助教員などのフリーランス業務も行う。
「世の中の幸福の総量を力強く増やす仕事人」を目指す愛犬家。愛犬を連れてよく遊びにも行く。
趣味は手作りスモークチーズなどの燻製を作ること。

※BBT大学院MBAプログラムの受講体験談はこちら