マネジメントとビジネストレンドの知見を得るMBAメディア

タグから検索する

編集部posts 2020/09/07

東海地方(静岡、岐阜、愛知(名古屋))でMBAが学べる場所は?



執筆:mbaSwitch編集部

東海地方(静岡、岐阜、愛知(名古屋))でMBAが学べる場所は?

部下を管理するためのマネジメント力がない、仕事の成果があがらない、計画・戦略を立てても世界の変化についていけない、気持ちばっかり焦ってしまってうまくいかない。将来も見据えてスキルアップしたい。こうした仕事の悩みは尽きないですよね。そんなさまざまな悩みから、MBAに興味をもつ人も多いのではないでしょうか。

本記事では東海地方でMBAの取得に興味がある方に向け、「東海地方でMBAが取得できる場所は?」「MBAのスクールを選ぶポイントは?」など、MBAに関する疑問について解説していきます。


<関連記事はこちら>
日本国内で学べるMBAの特徴は? おすすめの大学院やランキングをご紹介

1.そもそもMBAとは?

そもそもMBAとは?

MBAとは、Master of Business Administrationの略称です。経営学の大学院修士課程を修了すると与えられる栄誉ある称号です。

MBA本場のアメリカでは1年間に10万人のMBAを排出して、大手企業CEOの約4割がMBA取得者という情報もあるなど、起業を目指している人、経営者になりたい人は特に取得すべき資格です日本でもグローバル化が進み、経済、政治、世界の変化が早くなるにつれ、MBA取得に興味を持つ人が増えてきています。

世界の変化のは早い現代では、自分の頭で考え実行できる人が求められます。「思考」「創造」などの領域の科目からこれからの時代に通用するビジネススキルが学べます。

2.MBAはどこで取得できるの?

MBAはどこで取得できるの?

MBAを取得するためには、国内、あるいは海外のビジネススクールに通う必要があります。仕事を続けながら取得を考えている人は基本的に国内のビジネススクールを選ぶことになります。

国内で取得

近くに通学可能なビジネススクールがある場合は平日の夜、土日に通学し、取得することができます。近くにスクールがない人もオンラインMBAで取得することが可能です。
国内のビジネススクールは海外のビジネススクールよりも比較的安価にMBAを取得することができます。

海外で取得

留学でMBA取得することも可能です。海外の有名なビジネススクールには、世界中から優秀な学生が集まります。さまざまなバックグラウンドを持った学生たちと討論をかわし、成長することができます。また世界で活躍する人たちとネットワークを築ける点は国内MBAにはない大きなメリットです。

ただし、学費が国内MBAと比べて高かったり、仕事を休職する必要があったりと負担が大きいなど、デメリットもあります。

オンラインで学習

仕事の後、土日に時間を制約されたくない人はオンライン学習がおすすめです。通勤中の電車、隙間時間を使いMBAを取得できるので、今までの生活のリズムを崩さずに学習ができます。

オンライン授業であっても、教員、学生同士のディスカッションが活発に行われる環境が作られていたり、お互いの顔を見ながらディスカッションできるため、オンライン授業と従来の授業との質の差はなくなってきています。

3.東海地方でMBAを取得できる場所は?

東海地方でMBAを取得できる場所は?

静岡県でMBAを取得できる場所は?

MBAを取得するための学習ができる場所は通常、国立大学大学院、私立大学大学院、ビジネススクールになりますが、残念ながら静岡にはそのような大学院がありません。
静岡で働きながらMBAを取得できるのはオンラインMBAのみです。
静岡にいながらオンラインでMBAが取得できる大学院は3つあります。

・ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)
世界的に有名な経営コンサルタント大前研一が学長で、2005年から始まった日本初のオンラインでMBAが取得可能な大学院です。独自に開発したオンラインキャンパスで時間と場所の制約を超えて学ぶことができます。

・SBI大学院大学
通信制でMBAを取得できる大学院です。独自のオンライン学習システムで働きながらでも受講可能プログラムを提供しています。

・グロービス経営大学院
リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

愛知県(名古屋)でMBAを取得できる場所は?

愛知県(名古屋)には全部で4つの通学可能なスクールがありました。
東海地方で通学可能な大学院、スクールがあるのは愛知県(名古屋)だけでした。

・名古屋商科大学大学院 名古屋キャンパス
世界3大ランキングの1つである英QSが発表した2020年版のMBAランキングで国内1位、アジア15位(世界101位)と高く評価されました。

・東海学園大学大学院
税理士会計コース・税理士税法コース・MBAコースなど、さまざまなコースを展開。平日の夜間+土曜日でMBA取得が可能です。

・中部大学大学院
グローバルな視点を持ち、最新の工業技術や情報技術を活用して革新を起こすビジネスリーダーを育てる教育を行なっています。

・グロービス経営大学院 名古屋校
オフライン・オンラインのどちらもある大学院。全世界のMBAの共通領域はもちろんのこと、MBA+αの独自領域を展開しています。

もちろんオンラインMBAで学習も可能です。会社帰り、土日の時間を制約されたくない人はオンラインMBAをおすすめします。

岐阜県でMBAを取得できる場所は?

岐阜県内にはMBAスクールはありませんでした。そのため、県内で探す場合にはオンラインMBAのみが選択肢となります。
ただし、名古屋のMBAスクールには通学が可能な場合もあるため、通学したい場合には併せて検討してみるとよいでしょう。

※詳しくは見出し「愛知県(名古屋)でMBAを取得できる場所は?」をご確認ください。

4.MBAスクールを選ぶポイントは?

MBAスクールを選ぶポイントは?

東海地方には4つの通学可能なスクールと全国どこでも学習可能なオンラインMBAがありましたね。それぞれの大学院、スクールには特徴があり、自分に合ったスクールを選ぶのにはコツがあります。それでは「たくさんの選択肢からどうやって自分にあったスクールを選べばいいのか?」という疑問を解決していきたいと思います。

注目すべき点は「働きながら学習できる環境が整っているのか」「実践的なカリキュラムになっているのか」です。

通学する場合は仕事後に本当に通える距離なのか、土日に家庭との両立が可能なのかをよく考える必要があります。また、転勤や出張の際はどのように学習を行うかも重要なポイントになります。オンラインMBAだと時間に拘束されないのでスケジュールを自分で管理できる人にはおすすめです。

またMBAにもアカデミックなMBAと実践的なMBAがあります。実践的なMBAスクールでは授業のほとんどがケーススタディによって行われます。アカデミック型のMBAでは学術的な研究を行うことを目的にして、先行研究を読んで、仮説を立てて、データを分析して仮説の検証を行うのが学びの中心になります。

学びのプロセス、考える力が養えるカリキュラムかどうかは実際にいくつかの大学院、スクールの体験授業を受けて判断してみるのもいいかもしれませんね。

5.忙しいビジネスパーソンには、オンラインMBAという選択肢がおすすめ

忙しいビジネスパーソンには、オンラインMBAという選択肢がおすすめ

2020年新型コロナウィルスの影響を受けてほとんどの大学はオンライン授業に移行しました。大学院、スクールも例外ではなく、「オンラインMBA」という、新しい学習方法が注目されています。

オンラインMBAのメリット

オンラインMBAの最大のメリットは時間の制約がないことです。通学型であると、仕事帰り、休日など決められた時間に講義を受ける必要があります。オンラインMBAではその必要はありません。

通勤中の電車の中、仕事の合間に講義を受けることが可能です。
仕事を続けながら学習することで、インプットとアウトプットが同時にでき、より実践で使える力が身につきます。

オンラインディスカッションをテキストベースで行うことにも意味があります。通常の授業では、考えをまとめているうちに終わってしまったり、最終的に言語化することができずに終わってしまうこともあります。

オンラインでは、自分の時間で意見をまとめて投稿することが可能で、修了時には言語化する力が身につきます。

オンラインMBAのデメリット

オフラインと比べてどうしても直接的なコミュニケーションが減ってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

通学型であれば講義が終わった後に一緒に食事をしたりなど関わる機会が自然とでき、交流を通して意見交換ができるでしょう。オンラインでは自然とコミュニケーションを取ることができないので、意見交換するためにより積極的に行動する必要があります。

6.オンラインMBAならビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)

オンラインMBAならビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)では15年以上のオンライン学習の蓄積から、オンラインでどれだけ濃い学習ができるか日々試行錯誤されています。

たとえば、知識のインプットが好きな時に行えるように「オンデマンド型」を用いており、何度でも繰り返し学習が可能です。なので教員のペースについていけなくなることはありません。また、教員のほかにTA(ティーチング・アシスタント)が存在しており、ディスカッションのファシリテートなど、学習のモチベーションを向上させてくれます。

オンラインはオフラインの大学院よりも継続が難しいイメージですが、実はBBT大学院では、オフラインよりもサポートが手厚いのが特徴です。オンラインだからこそ可能な、ログイン時間、投稿頻度などを確認しながら生徒一人ひとりに合わせたサポートが可能です。

また、テキストディスカッションを使うことで、自分の考えがまとまってから発言できます。リアルタイム授業だと、発言しようとまとめている間に授業が終わっていた、ということもあります。そのため、時間がなくて言語化できずに終わってしまうという問題はなくなります。

学費は入学金31.5万円、システム使用料年間12万円、授業料年間126万円。
BBT大学院では単科受講も可能になっており、入学金+単科受講料(8.4万円から)で始めることも可能です。本科生入学時には入学金11.5万円減免、授業料も8.4万円減免になるメリットもあります。

7.BBT大学院 修了生の活躍

BBT大学院 修了生の活躍

2005年の開学から多くのビジネスパーソンが最先端のビジネス理論と実務を学んできました。修了生は1,300名を超えており、現在354名の方々が在校生として学ばれています。
BBT大学院で学ばれたことで昇進した人、起業した人、世界で活躍している人、実際に結果を出されている人がたくさんいます。

大学院で学ぶメリットやイメージがついていない方は学生のリアルな体験談を読むことで自分の将来イメージを掴めるかもしれません。
性別、年齢、課題・不安、質問から自分と似た修了生の体験談を御覧ください。

BBT大学院の修了生体験談はこちら

8.MBAを取得して自らを成長させよう!

MBAを取得して自らを成長させよう!

MBAを取得することで、自らを成長させることができます。
BBT大学院では、本当に使えるMBAを目指して、実践で使えるスキルを提供しています。
本当に自分を成長させたいと考えている方は是非BBT大学院で学んでみませんか?

BBT大学院では毎週オンライン説明会を開催しています。「MBA」を「オンライン」で学ぶイメージが湧かない方のために、BBT大学院の説明会は少人数制にし、一人ひとりの疑問や不安を十分に解消できるようにしています。



↓↓大学院の説明会情報はこちら↓↓

BBT大学院オンライン説明会