マネジメントとビジネストレンドの知見を得るMBAメディア

タグから検索する

編集部posts 2020/09/25

近畿地方(三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)でMBAが取得できる場所



執筆:mbaSwitch編集部

近畿地方(三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)でMBAが取得できる場所
現在は、VUCAの時代に突入していると言われています。
新型コロナウイルスによる仕事環境、生活環境の変化やデジタル・トランスメーションの加速により、これまでと同じ働き方、経営モデルをとっていても通用するのが難しくなってきています。このような時代には、変化に適応し、自分で本質的な課題を発見して解決していく力や、会社や組織に頼らずに自分で生き抜く力を養う必要があります。

そんな、これからの時代に通用するスキルを養うための方法のひとつとして、MBAの取得があります。「ビジネスパーソンとして生き抜くために、スキルアップをする必要がある」といった悩みを抱えていて、MBAにたどり着いた方もいるのではないでしょうか。

この記事では、「MBAとは何か」「MBA取るにはどうすればいいか」「近畿地方でMBAスクールを選ぶポイント」など気になる疑問を解決していきます。


<関連記事はこちら>
日本国内で学べるMBAの特徴は? おすすめの大学院やランキングをご紹介

MBAとは?

MBAとは?

MBAはMaster of Business Administrationの略で、日本では経営学修士または経営管理修士(専門職)と呼ばれています。
世界の有力企業のCEOにはMBAホルダーも多く、海外で昇進を目指す人には有利な資格といえるでしょう。

では、日本でMBAを取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

MBAを取得することには3点のメリットがあります。
まず、他業種の人と知り合う機会が増えます。また、オンラインMBAでは海外から受講する人もいるため、よりグローバルな視点での話を聞くことができ、視野を広げることができます。スクール内の求人から転職した人も。将来の可能性は広がります。

また、経営者の立場から物事を考えることができるようになることも大きなメリットです。
成長するためには経営者視点で考えることが重要です。客観的に自分を経営者視点でみたときに自分ができること、期待することは何なのかをイメージできるようになります。

さらに自分で考え、未来を見通す力がつきます。
変化が激しい現代だからこそ、未来を見通す力が必要になります。限られた情報、時間の中から自分で考え、行動する力がつくことで将来に対しての不安がなくなります。

<h2>MBAはどこで学習できる?

MBAはどこで学習できる?
MBAは大学院で学ぶことができます。仕事を休職して海外の大学院に留学して取得する、仕事のあと、土日を利用して国内の大学院に通う、オンラインの大学院で働きながら取得するなどの方法があります。

近畿地方でMBAを取得できる場所は?

近畿地方でMBAを取得できる場所は?
MBAを学習するためには、大学院に入学する必要があります。近畿地方で通学可能な大学院を県ごとに紹介します。

三重県でMBAが取得可能な大学院は

三重県には通学可能な大学院、スクールはありませんでした。京都、大阪、兵庫には通学可能な大学院があるので通うことも不可能ではないですが、通学に時間をかける必要が出てきます。
おすすめなのはオンラインMBAです。全国に3つスクールがあるので紹介します。

・ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)
日本初のオンラインでMBAが取得可能な大学院です。すでに開講から15年以上が経ちオンライン学習をよりよくするために日々改善が行われています。

イベント・クラブ活動も盛んに行われており、オフラインで出会いが増やせる機会もたくさんあります。また、学生のサポートも丁寧に行われており、修了率は85パーセント以上です。転勤、出張などスケジュールが変わることがあっても教務部に気軽に相談できます。

・SBI大学院大学
科目の受講や課題の実施など全てオンラインで完結できます。東京キャンパスやWEB会議システムを活用したディスカッションやプレゼンテーションの場もあります。少人数制で講義を行うことで、学生と教員との距離が近いのが特徴です。学びの集大成として事業計画書の策定を行うのもSBI大学院大学の特徴です。

・グロービス経営大学院
全世界のMBA共通領域はもちろんのこと、次世代のリーダーの向けたMBA+αの独自領域を展開しているのが特徴です。思考・創造・変革・テクノベート・志・ネットワーク・プラットフォームがグロービスの独自領域になります。コミュニティ・クラブの中に特定の人に向けたさまざまなコミュニティが存在するのも特徴です。

滋賀県でMBAが取得可能な大学院は

滋賀県には大学院、スクールがありませんが、京都に大学院があるので通学することも可能です。京都大学大学院、同志社大学大学院があります。

仕事が忙しく通い続けられるか不安な方、仕事以外にも趣味・家庭を両立させたい方はオンラインMBAがおすすめです。時間を制約されることがないので、通勤中などの隙間時間を使ってMBAを取得することができます。全国どこからでも受講可能なオンラインMBAは三重県と同じです。

※詳しくは「三重県でMBAが取得可能な大学院は」をご確認ください

京都府でMBAが取得可能な大学院は

京都府には通学可能なMBAを取得できる大学院が2つありました。

・京都大学経営管理大学院
月曜日から土曜日までの日中のカリキュラムとなっている大学院です。
スーパーバイザーが学生に対して一人ひとりにつくなど、全般的なきめ細やかなサポート体制、教育体制が実現されています。土曜日や夜間のみの受講では修了できないカリキュラムになっているので注意が必要です。

・同志社大学大学院 ビジネス研究科
「次世代を担う、優れたビジネスリーダーの育成を目指して。」のスローガンのもと、良心教育の理念に基づき、正しい価値観のもとスキルを実行して企業の成長、発展をさせる人材の育成をしています。また、グローバルの舞台でイノベーションを生み出せる人材教育を行っています。

また、通学制以外にもオンラインMBAという選択肢もあります。通学制だと時間を制約されるので隙間時間を使って学習したい人にはおすすめです。

大阪府でMBAが取得可能な大学院は

大阪には2つのMBAを取得できる大学院がありました。

・関西学院大学 経営戦略研究科
グローバルで活躍できる、多様な知識と分析能力を備えた人材の教育を目的としています。日本型・国際型両方のマネジメントを実践できる高度な教育を売りにしています。
また、実務家教員と研究者教員のバランスの良さも特徴です。
プログラムも「経営プログラム」「テクノロジー・マネジメント」「アントレプレナーシッププログラム」「自治体・医療・大学経営プログラム」の6つがあり自分に合ったプログラムを選べるのが特徴です。

・立命館大学大学院 経営管理研究科
ビジネスリーダーとして未来を切り開くことができ、世界と日本の持続的な発展に貢献できる人材の育成を目的としています。
少人数の環境で緻密な指導を行い、入学から終了まで一人ひとりの支援をしていることも特徴です。

兵庫県でMBAが取得可能な大学院は

兵庫県にも2つのMBAを取得できる大学院があります。

・神戸大学大学院 経営学研究科(神戸大学MBA)
神戸大学の特徴は、体系的に経営学の知識を習得できるところにあります。また、先端的な研究業績に裏付けられた教授陣よる独自の教育プログラムを取り入れています。産業界からの要望の高い問題について、5〜6名の学生による共同研究により解決策を探る教育システムです。

・兵庫県立大学大学院 経営研究科
グローバルで活躍できる人材、経済の本質に迫る研究者の育成を目的としています。少人数制によるきめ細やかな教育や、隣接分野との連携も計画されています。現実に起きている
問題を総合的に理解し、解決提案ができる能力を身に着けることができます。

奈良県でMBAが取得可能な大学院は

奈良県には通学可能な大学院は見つかりませんでした。しかし、奈良県は大阪、京都へのアクセスがいいので通学が可能です。京都・大阪の大学院をご確認ください。

通学に時間をかけたくない人にはオンラインMBAという選択肢もあります。
全国どこでも受講可能なビジネス・ブレークスルー大学大学院、SBI大学院大学、グロービス経営大学院を確認しておくといいでしょう。

和歌山県でMBAが取得可能な大学院は

和歌山県には残念ながら通学可能な大学院が見つかりませんでした。しかし、大阪には大学院があるので通学が可能かもしれません。


しかし、やはり通学にお金と時間をかけるのがもったいないと思われる方にはオンラインMBAがおすすめです。時間、場所の制約がないので自分のスケジュールに合わせた学習ができます。

※オンラインMBAについては、詳しくは「三重県でMBAが取得可能な大学院は」をご確認ください

MBAのスクールを選ぶポイント

MBAのスクールを選ぶポイント
MBA取得する目的を明確にすることがスクールを選ぶポイントです。
各ビジネススクールにはそれぞれ特徴があり、得られる知識、体験が異なるので、その後のキャリアを見据えてビジネススクールを選ぶ必要があるからです。

高い英語力を保有していて、将来海外で活躍したいという人には海外のMBAスクールがおすすめです。


世界トップレベルの大学院に行けば世界でも高い能力を持った人脈を形成することができます。日本でも楽天の三木谷浩史さん、元マクドナルド・ベネッセの代表取締役だった原田泳幸さんはアメリカの名門ハーバード・ビジネススクールを修了されています。

また、海外ビジネススクールでは、国際性を養い、世界的に通用するキャリアが取得できます。外資系の企業では将来の幹部候補生を選ぶ際に、MBAランキング上位学を卒業していることが採用の必須条件になる場合があります。MBAという資格が直接生きるのは海外MBAだけかもしれません。

MBAスクールにも実践的とアカデミックなMBAがあります。アカデミックなMBAスクールは学術的な研究を行うことを目的にして、先行研究を読んで、仮説を立てて、データを分析して仮説の検証を行うのが学びの中心になります。

日本でMBAを取得する場合は実践的なMBAスクールを選ぶ必要があります。現代のような変化の早い時代には資格よりもすぐに使え、結果を残せることがより重要です。

国内ビジネススクールでは日本に合わせた経営を学べるのが特徴です。
国内のビジネススクールには日本的経営を理解されている先生が多いため、日本人経営者に特化した知識を得ることができます。また給料をもらいながら通うことができるので、かかる費用は限定的です。デメリットはほぼ日本人学生なので国際性を養うことができません。
また海外の有名なMBAと比べて直接的な採用の基準にはならないことです。

最後に重要なのが学校の情報を集めることです。
リアルな経験を在校生、卒業生から聞いてみること。大学院によっては卒業生の話が聴ける機会があります。在校生、卒業生が参加する場で積極的に詳しい話を聞いてみるのがおすすめです。

また、「大学院の名前+評判」「大学院の名前+ブログ」などで検索してみて個人が書いた記事を読むのも重要です。特定の大学院の記事などよりも生徒側の目線で書かれているのでより具体的な話を見つけられます。


 

オンラインMBAという選択

オンラインMBAという選択
一人一台スマートフォンを持てるようになった現代ではオンライン学習という新しい学習歩法が少しずつ浸透してきています。特に2020年新型コロナウィルスの影響により、集団で集まることができなくなり、オンラインMBAはさらに注目されています。

オンラインMBAのメリット

オンラインMBAでも、特にオンデマンド型であれば好きなときに学習ができ、学習を継続させやすいことです。
通学制では平日の夜、休日に通う必要が出てきます。家庭、趣味など両立させたいことがある人には隙間時間を使ってMBAが取得できるオンラインMBAがおすすめです。

また、学習を継続させやすいのも大きなメリットです。オンライン学習は継続しないイメージがあるかもしれませんが実は違います。オンラインだからこそ継続できるポイントがあります。オンラインでは投稿時間、ログイン時間などを数字データとして管理できるため、教員が一人ひとりに合わせて学習アドバイスができることが特徴です。

オンラインMBAのデメリット

オンラインMBAのデメリットは通学制に比べてどうしても人と会う頻度が下がることです。通学制のスクールだと授業の後に、夕食を食べに行ったりと機会を作りやすいかと思います。しかし、オンラインスクールにもコミュニティ・クラブがあるので、積極的に行動することで解決できる問題ではあります。

オンラインMBAならビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)

オンラインMBAならビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)
たくさんの大学院がある中でも日本初、一番オンライン学習の蓄積が多い、ビジネス・ブレークスルー大学院(BBT大学院)がおすすめです。

2020年の新型コロナウイルスにより多くの大学院がオンライン授業に移行しました。オンライン授業の経験のない教授の講義により途中で授業が止まったりさまざまな問題が起こりました。しかし、BBT大学院では通常通り講義を行うことができました。

BBT大学院の特徴は、実際に仕事に生かすことができる、実践的な論理思考力、問題解決力といったスキルを身に付けられることです。

在学中にも仕事に対する変化を感じられます。修了時の生徒からは実際に「キャリアパスのオプションが10倍になった」「行きたいところに、早くたどり着くための近道がわかる」などの声をいただいています。

BBT大学院では独自のRTOCSという科目があります。RTOCSでは「もし自分が〇〇のリーダーだったら」と仮定し、過去の事例ではなく、リアルタイムの事例を取り扱います。現状の把握、将来像を予想し、今後の具体的な打ち手を1週間で考え、発表する、という一連の流れを毎週繰り返す独自のケーススタディです。在籍中2年間で計100回程度行い、問題発見能力、問題解決力、リーダーシップなどさまざまな実践的なことを学びます。

BBT大学院 修了生の活躍

BBT大学院 修了生の活躍
2005年の開学から多くのビジネスパーソンが実践的なビジネス理論などを学んできました。修了生は1300名を超えており、現在も354名の方々が在校生として学ばれています。

ROLEMODELSではBBT大学院を修了した学生が実際どのような世界で活躍しているのかリアルな体験談を読むことができます。
大学院で学ぶイメージ、メリットを感じていない方は自分と同じ業種、性別など似た体験を読むことでより自分の将来イメージをつかめるかもしれません。

BBT大学院で一緒に学び、将来をより豊かにしませんか

BBT大学院で一緒に学び、将来をより豊かにしませんか
MBAは自分を大きく成長させてくれます。仕事に生かせることはもちろんですが、将来を見据えたり、自分の生活に大きく生きるスキルを学ぶことができます。

BBT大学院では毎週オンライン説明会を開催しています。MBAを取得することのメリットを詳しく知りたい方、実際に修了した方に話を聞いてみたい方など気軽にご相談ください。
個別相談も随時行なっています。

↓↓BBT大学院のオンライン説明会はこちら↓↓