マネジメントとビジネストレンドの知見を得るMBAメディア

タグから検索する

編集部posts 2020/09/30

四国地方(徳島、香川、愛媛、高知)でMBAが取得できる場所は?



執筆:mbaSwitch編集部

四国地方(徳島、香川、愛媛、高知)でMBAが取得できる場所は?

AI(人工知能)の台頭により、「既存の仕事が奪われてしまうのではないか」と危惧されるようになりました。これから日本は、そして世界はどのように変化していくのか、容易に想像することができないVUCA(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)の時代が到来したといわれています。

これからのビジネスパーソンは、このような時代の激しい変化に適応し、自分で課題を発見して、会社や組織に頼らずに自分で生きていくために、ビジネスの実践的なスキルを身につける必要があります。

実践的なスキルを身につける選択肢のひとつが、MBAを取得する経営大学院で学ぶことです。

この記事では、「MBAとは?」「大学院はどうやって選べばいい?」など、MBAに関する疑問を解消し、四国地方でMBAを取得したい方向けに、四国地方にある経営大学院についてご紹介します。


<関連記事はこちら>
日本国内で学べるMBAの特徴は? おすすめの大学院やランキングをご紹介

1.MBAとは

MBAとは
MBAはMaster of Business Administrationの略で、日本では経営学修士/経営管理修士(専門職)と呼ばれることもあります。MBAプログラムではヒト・モノ・カネの3分野が主要な学習領域になります。

外資系の企業では学位を有していることが職位を左右する場合もあり、MBAを取得した人は高い評価を受けて昇進したり、転職に成功したりしやすい傾向があります。

一方、日本系企業ではMBAホルダーという理由だけで昇格することはありませんが、学んだことを仕事で生かして実績を残すことで、高い評価を受け、収入もアップすることが期待できます。

2.MBAはどこで取得できるの?

MBAはどこで取得できるの?

MBAを取得するには経営大学院に通う必要があります。近くに経営大学院がある場合には、仕事後の平日の夜、休日の土日を使ってMBAを取得することが可能です。また、会社を休職するなどして仕事を中断し、海外でMBAを取得する方法もあります。

自宅や職場から通える範囲に大学院がない方や、近くに大学院があっても授業時間などに拘束されたくない方にはオンラインMBAという選択もあります。

国内でMBAを取得する

近くに通学可能な経営大学院がある場合は、働きながら平日の夜や土日に通学することができます。通学時間と授業が行われる時間などをよく確認して、仕事と並行して通学を続けることができるのか、事前によく検討しておくことが重要です。

国内の経営大学院は、海外でMBAを取得するよりも費用が安く済むことが多く、仕事と両立しながら学習ができるのがメリットです。

海外でMBAを取得する

MBAと聞くと、海外の大学院を想像される方も多いのではないでしょうか。アメリカなどの名門大学のMBAは世界的に評価が高く、取得すると昇進、転職などに役立つことが多いといわれます。

また、優秀な生徒が多く集まる大学院で世界的にネットワークを広げることができるのもメリットです。

ただし、学費が国内と比べて高い上に、留学するために仕事を中断する必要があるのでリスクもあります。

オンラインでMBAを取得する

仕事を中断することが難しい、働きながら隙間時間を使って学習したい、今の生活のリズムを崩さずに学習したい人には、オンラインMBAがおすすめです。

3.四国地方でMBAを取得できる場所は?

四国地方でMBAを取得できる場所は?
四国地方には、香川県にのみ通学可能な大学院がありました(2020年9月現在)。
香川県の経営大学院は県外からだと片道1時間以上かかることが多いため、徳島県、愛知県、高知県に住んでいて経営大学院に通いたい場合は、オンラインMBAのコースが良いでしょう。

それでは、四国地方の大学院を紹介します。

徳島県でMBAを取得できる場所

徳島県で通学可能な経営大学院はありませんでした。
徳島県でMBAを取得するには、オンラインMBAコースがある経営大学院に通うのがよいでしょう。

全国どこでも通学可能なオンラインMBAコースがある主要な経営大学院は、次の3校です。

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)
2005年に開学した日本初・国内最大級のオンラインMBAです。挑戦したいと願う全ての人に寄り添いながら、常に新しい学習メソッドとコンテンツを開発し続けています。世界中どこにいても学習可能な独自のキャンパスを使い、活発な議論を行い、論理思考の技術の技術とスピードを格段に高められます。

BBT大学院では、「RTOCS(アールトックス)」という、現在進行形のケースをお題にして、答えのない課題に挑むケーススタディを行います。自分で考えて、行動に移せる力を身につけることができ、実践的な力がつく科目のひとつです。

また、実践的なスキルを学べる実務家教員が揃っていることもBBT大学院の特徴です。

SBI大学院大学
通信制でMBAを取得できる大学院です。起業家やリーダーに必要なマネジメント力・戦略思考力・データ分析などの実務的な能力を育成するとともに、「物事の本質を見抜く力」「時代を予見する先見性」「多極的な思考」など、ぶれない判断軸を学ぶことができます。プログラムの集大成として、事業計画の策定及びプレゼンテーションを行います。

グロービス経営大学大学院
世界が激しく変化する現代に適応できるリーダーを育てるため、カリキュラムを定期的にリニューアルしています。また、世界中のあらゆる場所から参加できる「リアルタイムディスカッション」を行うオンラインクラスを拡充させています。

香川県でMBAを取得できる場所

香川県には、通学可能な大学院が1校あります。

香川大学大学院
中国・四国地方で初の経営大学院です。経営者、知事、地域おこしのカリスマなど、魅力的な講師を迎えて教育プログラムの充実を図っています。また、教員1人に対して学生は約3人のきめ細やかな指導体制が整っているため、学生一人ひとりの問題意識を解決したいテーマに応じることができます。

通学が可能な方は、香川大学大学院への入学を考えてみるのもゆよいでしょう。
通学可能でも仕事の後や休日に通学をしたくない方、そもそも通学ができない方にはオンラインMBAコースがおすすめです。

全国どこでも学習が可能なMBAスクールはビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)、SBI大学院大学、グロービス経営大学院の3つです。

愛媛県でMBAを取得できる場所

愛媛県で通学可能な大学院はありません。愛媛県でMBAを取得するにはオンラインMBAのコースに通う必要があります。

※詳しくは「徳島県でMBAを取得できる場所」をご確認ください。

高知県でMBAを取得できる場所

高知県にも通学可能な大学院はありません。仕事を続けながらMBAを取得するにはオンラインのMBAコースを検討しましょう。

※詳しくは「徳島県でMBAを取得できる場所」をご確認ください。

4.MBAを取得できる大学院を選ぶポイントは?

MBAを取得できる大学院を選ぶポイントは?
MBAを取得できる大学院を選ぶポイントは?
たくさんの経営大学院がある中で、どのように選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

経営大学院を選ぶ際に特に重要な視点は「学習を続けられる環境なのか」「実際に仕事で使える内容なのか」の2点です。

通学制の大学院に通う場合、平日の夜と休日の時間を使って大学院に通う必要があります。家庭や仕事との両立はできるのかをよく考えてみましょう。具体的に、通学を考えている大学院の講義スケジュールを自分の予定に入れて可視化してみるのがおすすめです。

次に重要なことは、実践的な大学院を選択することです。経営大学院には、アカデミック寄りの大学院と実践寄りの大学院が存在します。

実践的な大学院ではケーススタディを多く活用した講義が進められます。現代のような変化の激しい時代では、過去の事例に基づいて考えるよりも、完璧なデータが少ない中、最善の決断をすることが求められ、そのような能力を身につけることができる大学院を選ぶ必要があります。

また、実践的な大学院には起業クラブなどのクラブやコミュニティが存在することもあります。

5.忙しくて時間を拘束されたくない人には、オンラインMBAがおすすめ

2020年の新型コロナウィルスの影響によって集団で講義をすることができなくなり、多くの大学・大学院はオンライン授業に移行しました。通学する時間が減り、無駄な外出が減るなどのメリットも多く、オンライン学習が注目されています。

オンラインMBAのメリット

オンラインMBAのメリットは、自分の好きな時間に学習でき、転勤や出張、引っ越しなどがあっても場所に縛られずに学習を続けることができることです。

通学制の大学院では特定の時間を拘束されるため、家庭に使える時間や趣味に使える時間が少なくなります。オンラインMBAでは通勤電車の中など隙間時間に学習することができるため、自分の従来のスケジュールをあまり変えずに学ぶことができます。

また、出張や転勤、引っ越しなどで居場所が変わっても学習を続けることができます。通学制の大学院では出張などの際には授業を休まざるを得なくなってしまいます。どこでも学習ができるのはオンラインMBAのメリットです。

オンラインMBAのデメリット

通学制のMBAと比べて、コミュニティが少ないのはデメリットです。通学制の大学院では直接仲間と会うため、自然と意見交換ができ、人間関係は広がるでしょう。

オンラインスクールでも少なからずイベントやクラブ活動があり、積極的に参加することでデメリットを解決できるといえます。

6.オンラインMBAならビジネス・ブレークスルー大学大学院

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)では15年以上のオンライン学習の蓄積から、オンライン学習でどれだけ深い学びができるのか、日々試行錯誤されています。

BBT大学院ではオンデマンド授業にすることで、予習という概念をなくしました。自分が理解できるまで何回も繰り返し講義を受けることができ、インプットの質が高まります。そして、アウトプットにはテキストディスカッションを使うことで言語化する力を身につけられます。

リアルタイムのディスカッションでは、自分の意見がまとまらずに中途半端な発言で終わってしまうことが多いですが、テキストディスカッションでは時間をかけて、納得のいく結論を出すことができます。

また、ログイン情報、投稿頻度を確認しながら学生一人ひとりを細かくサポートできるのはオンラインだからこそできる強みです。修了率が85パーセントを超えているのは、それだけサポートが充実しているからです。

学費は入学金31.5万円、システム使用料年間12万円、授業料年間126万円。
BBT大学院では単科受講も可能になっており、単科受講料(8.4万円から)で始めることも可能です。本科生入学時には入学金11.5万円減免、授業料も8.4万円減免になるメリットもあります。


2005年から始まったBBT大学院は修了生1,367人を輩出し、現在も354名の方々が在校生として学ばれています(2020年9月現在)。

BBT大学院で学んだことで、現職で昇進した方、世界で活躍している方、自分の目標を達成した方など、さまざまな結果が出ています。


大学院で学ぶイメージが持てない方は、学生のリアルな体験談を読み、イメージを掴んでみるのがおすすめです。
年齢、性別、職業などから自分に近い修了生の体験談を探せる「ROLEMODELS」をご活用ください。


ROLEMODELS

8.MBAを取得してビジネス現場で活躍できる人材に

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)修了生の活躍
MBAを取得することで、自らを成長させることができます。
BBT大学院では世界のビジネス現場で実際に活用できるMBAを目指して、時代に即した実践的なスキルを養います。

自分を成長させたいと切実に考えている方は、ぜひBBT大学院で学んでみませんか?
新しい仲間にも出会えるかもしれません。

BBT大学院では毎週オンライン説明会を開催しています。オンラインで学ぶイメージが湧かない方のために、BBT大学院の説明会は少数制にして、一人ひとりの疑問や不安を十分に解決できるようにしています。

また、個別相談も随時行なっています。お気軽にご相談ください。

↓↓BBT大学院のオンライン説明会はこちら↓↓