マネジメントとビジネストレンドの知見を得るMBAメディア

タグから検索する

編集部posts 2020/10/19

MBAを取得すると転職に有利になる?

MBAを取得すると転職に有利になる?



執筆:mbaSwitch編集部

ビジネス環境において、変化が激しく将来が予測できない「VUCA時代」が到来したといわれるようになってから10年、グローバル化の推進やAI・IoTの技術発展などにより、その状況はますます先の読めない厳しいものとなっています。

さらに、2020年にはコロナウイルスの感染拡大もあり、これから訪れるウィズコロナ/ポストコロナ時代は、今まで以上に予測困難なビジネス環境になるといえます。

そんな中、MBAを取得することで転職に有利になることはあるのでしょうか?
MBAを取得すると転職にどんなメリットがあるのか、MBA向けの求人の具体例や転職に成功したMBA取得者(MBAホルダー)の実例を交えてご紹介します。

<関連記事はこちら>
日本国内で学べるMBAの特徴は? おすすめの大学院やランキングをご紹介
MBAを取得できる大学院(経営大学院)の選び方は? 選ぶ際に確認したい10のポイントを紹介!
オンラインMBA(通信制)はビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)が最適! 特徴やメリットを解説
MBAを取得する難易度は? 大学院に入学する前に押さえておきたい情報も解説!
MBAは資格ではなく「学位」。多くの経営者がMBAを取得する理由を解説!
MBAを取得するメリットは? ポストコロナ時代に活躍できる人材に
MBAを取得すると転職に有利になる?
MBA(経営学修士)とは?どんなメリットがあるか、その価値をわかりやすく解説!


https://www2.ohmae.ac.jp/Dynamic_LP.html

1.MBAとは? これからのビジネスパーソンに必要なスキルを手に入れよう

MBAとは? これからのビジネスパーソンに必要なスキルを手に入れよう
「MBA」とは、経営学の大学院修士課程を修了時に授与される「学位」です。
正式名称は「Master of Business Administration」で、日本では「経営学修士」もしくは「経営管理修士(専門職)」と呼ばれることもあります。

MBAの学位は、国公立・私立・株立の経営大学院で取得できます。
国内の経営大学院は全国各地にありますが、なかでも首都圏に集中しています。自宅や職場の近くに経営大学院がない場合は、インターネット環境があればどこでも受講できるオンラインMBAのコースで学ぶことも可能です。

仕事を中断できる場合は、海外に住みながらその地域にある経営大学院で学ぶという選択肢もあります。

経営大学院のカリキュラムは、ヒト(組織行動・人材マネジメントなど)、モノ(マーケティング・経営戦略・オペレーションなど)、カネ(アカウンティング・ファイナンスなど)の経営資源の3領域を学ぶ科目を中心に組まれています。

この3領域を体系的に修得し、論理的思考や問題発見・問題解決のスキルなどを養うことで、経営・ビジネスで生かせる実践力が身につきます。

なぜMBAがこれからの時代に求められているか?

ここ10年ほどで、ビジネスにおける「VUCA時代」が到来したといわれています。
「VUCA」とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った言葉で、もともとは1990年代に軍事用語として使われていました。

変化が激しく将来が予測できない現代のビジネスの状況を表していることから、2010年代からはビジネスにおいてもVUCAという言葉が使われるようになったのです。

2020年に突如現れたコロナウイルスが収束する目途は立たず、ウィズコロナの生活が長期化することが予想されています。ウィズコロナ/ポストコロナ時代は、これまで以上に予測困難なビジネス環境になることは間違いないでしょう。

2020年7月末に実施された首相官邸での未来投資会議では、ウィズコロナ/ポストコロナ時代の社会の基本理念として、次の4つを掲げました。

1. 新しい働き方を定着させ(テレワーク・在宅勤務、時差出勤、兼業・副業等)、リモートワークにより地方創生を推進し、DXを進めることで、分散型居住を可能とする社会像
2. 変化への対応力があり、強靱性・復元力を持った長期的な視点に立った社会像
3. 企業も眼前の利益にとらわれず、長期的なビジョンに立った企業像
4. 脱炭素社会・循環経済の実現も含め、持続可能性を持った社会像

このような社会像・企業像を設計していくためには、新しい働き方の定着や、一極集中の是正、当面の経済運営の課題解決、産業再生・事業再構築、国際環境への対応など、さまざまな変革が企業にも、そしてビジネスパーソン一人ひとりにも求められます。


(出典:首相官邸「ウィズ・コロナ、ポスト・コロナ社会の検討のための未来投資会議の拡充について」)

ウィズコロナ/ポストコロナ時代のビジネス環境を生き抜くために、ビジネスパーソンは次の3つの能力を高めることが重要です。

1. 課題発見・解決力
社会や組織において顕在化していない「本質的な課題」を見つけ出し、課題解決策を素早く立案して実行できる力のことです。

変化が多いVUCA時代においては、本質的な課題も従来とは異なることがあります。これまでの成功パターンにとらわれず、物事の本質を見抜く能力が求められます。

2. 新しいことにチャレンジする能力
これからの時代は、容易に社会の前提が覆ることがあるため、過去の常識や価値観にこだわるのはリスキーです。

今後、Z世代(1990年代半ばから2012年ごろまでに生まれ、幼いころからスマホやタブレットなどのデジタル機器を活用している世代)やデジタルネイティブとも異なる、ポストコロナ時代のニューノーマルの生活・価値観を常識とする世代が増えてくるため、新しいことに肯定的に取り組める資質はますます重要となるでしょう。

3. 自分で生きていく覚悟と能力
従来の日系企業では、終身雇用・年功序列・新卒一括採用・OJTを中心とした「メンバーシップ型雇用」が主流でした。

しかし、VUCA時代の到来に伴い、日本国内でも欧米系企業で用いられてきた「ジョブ型雇用」、仕事の範囲を明確にすることでより専門性を高める方向の雇用方式にシフトしてきています。

今後は、身分と給与が企業によって保障される可能性が低くなるため、会社に属していてもほかの企業から求められる人材になるための努力と心構えが必要になります。

これら3つの能力を、仕事と並行しつつ個人的に高めていくのは難しいことです。

そこで、これからの時代に適応するための能力を身につける方法として、MBAを取得する経営大学院での学びがあります。経営大学院では、体系的にビジネスや経営を学び、VUCA時代、そしてウィズコロナ/ポストコロナ時代に活躍できる人材を目指すことができます。

▶詳細は、
「MBA(経営学修士)とは?どんなメリットがあるか、その価値をわかりやすく解説!」

2.MBAを取得すると転職に有利になる?

MBAを取得すると転職に有利になる?

コロナウイルスの感染拡大によって、採用市場も大きな影響を受けました。2015年から求人数は増加傾向が続き、2019年11月にピークに達しました。しかし、コロナウイルスの感染拡大以降、求人数は減少傾向にあります。一方で転職希望者数は増えており、2020年7月の有効求人倍率は1.61倍と、ここ5年間で最も低い倍率となりました。

今後も多くの転職希望者にとって厳しい状況が続くことが予想されますが、MBAを取得することで、転職に有利になることはあるのでしょうか?

一般的に、外資系企業の場合は転職に有利になることが多いです。外資系企業の管理職や役員は、MBAを取得している人(MBAホルダー)の割合が多く、昇進・昇格のためには必須の学位といっても過言ではありません。

さらに、国内の企業であっても、コンサルティング会社や一部の大企業、経営層の強化を図るベンチャー企業などでは、MBAホルダーを積極的に採用しています。
MBAホルダー向け/限定の求人案件も存在します。

一方、新卒採用に重きを置いて年功序列に厳しい会社など、よくも悪くも昔ながらの日本的な会社などでは、MBAを取得していることが転職で有利になるとは限りません。

転職でMBAホルダーが有利になるかどうかは企業によって異なりますが、採用側に「MBAで学んだことを実務で活用できる人材」だと判断してもらうことができれば、アピールポイントになることは間違いありません。

また、経営大学院では、経営・ビジネスの知識やスキルの習得に加えて、さまざまな業種のケースに取り組むため、未経験の業界に飛び込む際の不安が解消されるなど、転職に対するマインドの変化も期待できます。

MBAの取得を最終ゴールにするのではなく、経営大学院での学びを今後のキャリアにどう生かしていくのか、自分なりのビジョンを決めて、実際に活用していくことが転職においても重要です。

転職時に求められるスキルは、当然ですが企業ごとに違います。しかし、これからの時代に必要なビジネススキルには共通したものがあります。

たとえば、さきほどご紹介した「課題発見・解決力」や「新しいことにチャレンジする能力」、「自分で生きていく覚悟と能力」。さらには、新しい事業を創り出せる創造性、ミッション・ビジョン・バリューを体現できるリーダーシップ、人間力を兼ね備えたアントレプレナーシップなどは、経営者だけでなく各ビジネスパーソンが兼ね備えておきたいスキルです。

これからの時代に役立つスキルを身につけることで、転職時にも、採用側に必要な人材であることをアピールできます。

https://www2.ohmae.ac.jp/Dynamic_LP.html

3.MBAホルダーの求人例

MBAホルダーの求人例

先ほど、MBAホルダー向けや限定の求人があると述べました。具体例として、実際の求人の条件などをご紹介します。
以下は、歓迎条件として「MBAホルダー」が挙がっている求人案件の一例です(2020年10月調べ)。

求人例1 PCメーカー
職種:マーケティング
ポジション:マネージャー
年収:800万円~1,650万円

求人例2 電子書籍配信事業
職種:経営企画
ポジション:グループ会社の社外役員もしくは常勤役員
年収:800万円~1,200万円

求人例3 外資系医療機器メーカー
職種:事業運営
ポジション:グループリーダー
年収:800万円~1,200万円

4.オンラインMBAのススメ。ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)とは?

オンラインMBAのススメ。ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)とは?

経営大学院で学び、MBAを取得すると転職で有利になるだけでなく、現職で障壁となっている課題を乗り越えられたり、昇進できたり、起業のために必要なスキルを磨けたりと、さまざまなメリットがあります。

しかし、仕事だけでも忙しいビジネスパーソンにとって、働きながら経営大学院で学ぶことは容易ではありません。

そこで、働きながらうまく時間を活用して学び続けられる「オンラインMBA」がおすすめです。オンラインMBAとは、経営大学院の授業の一部もしくはすべてをオンラインで実施するMBAプログラムのことです。

100%オンラインだから自分のペースでMBAが取得できる

本校(ビジネス・ブレークスルー大学大学院、以下BBT大学院)は国内初のオンラインMBA課程を持つ経営専門職大学院として15年前の2005年に開学し、これまで1,300名を超える卒業生を輩出してきました。

100%オンラインで一切通学せずに学ぶことができるため、多忙なビジネスパーソンであっても、時間を有効活用しながら自分のペースで学習を進められます。

普遍的・最先端の知見をビジネスの実務家から学べる

学長は、経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社長やアジア太平洋地区会長を歴任した大前研一です。

学術研究を中心に据えてきた伝統的な大学とは異なり、日々刻々と変化する経営環境において世界中のビジネスパーソンが活躍するための普遍的・最先端の知見をビジネスの実務家から学べる学校を作りたいという想いから生まれました。

そのため、教員の大半は経営者・起業家・経営コンサルタントなどビジネスの現場において顕著な実績を残した一流のビジネスパーソンであることを重視しています。
さらに、時代に即した最先端のカリキュラムや教育手法を提供できるよう、アップデートを繰り返しています。

▶BBT大学院教員紹介

これからの時代に必要な経営スキルが身につく

MBAの醍醐味であるケーススタディは、RTOCS(アールトックス)と呼ばれる独自の教育メソッドを導入し、現在進行形の事例について取り上げます。

一般的なケーススタディでは過去事例を取り上げますが、今まさに起こっている事例について、「自分が経営者やトップだとしたら?」という視点で将来を予測し、具体的な戦略を考えます。

BBT大学院では、「自分が経営者だったらどうするか」という視点や、教員やクラスメイトから多様な意見を学ぶことを大切にし、実際のビジネス現場で起こり得るテーマを具体的に取り上げ、これからの時代に求められる問題発見・解決能力を身につけることができます。

オンライン学習でもモチベーションを維持・向上できる

教務スタッフによる学生サポートが手厚く、学習の進捗フォローを行い、学習サポートやアドバイスをしている点もBBT大学院の魅力です。

教務スタッフは、一人ひとりの学生の受講の進捗や発言頻度などを日々確認し、名前を覚えてしまうくらい常に気にかけ、身近な存在として伴走してくれます。

5.MBAを取得した人の転職例

MBAを取得した人の転職例

BBT大学院の修了生は、1,300名以上。その中で、卒業後に転職に成功した人も数多くいらっしゃいます。好転職例をいくつかご紹介しましょう(情報はインタビュー当時のものです)。

ディスラプティブなデジタルソリューションを提供できる人材へ

奥村由希子さん(2015年 秋期入学)
ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)UX/UIデザイン部Tokyoチームを課長として統括していた奥村さんは、BBT大学院入学と同時にデザイン部門からの異動オファーがあり、悩んだ末に退職を決意。その後、個人事業主として開業し、デザインプロジェクトに参画します。卒業間近に、自分の経験やスキルセットの棚卸しの意味も込めて就活をしていたところ、アクセンチュア(株)のデジタルデザイン部門からオファーをもらい、BBT大学院の学びを活かせる環境として転職。

「大手のコンサルティング会社に籍をおき、より大きなクライアントの課題に取り組むことができるようになりました。BBT大学院での学びを生かして、ビジネスとデザインの越境領域で仕事ができることにワクワクしています。デザイン部門を組織としてもリードし組織力を高めつつ、一つでも多くのディスラプティブ=破壊的なデジタルソリューションを提案し、世の中をもっとよくしていきたいです。」と転職先での目標を語っていました。

▶奥村さんのインタビュー詳細は、「ROLE MODELS」へ

「MBAホルダーである」という緊張感からアウトプットの価値が向上した

森琢麻さん(2017年 春期入学)
「自分の力で稼ぎ、ライフワークを成功させるために、肩書に頼らない確固たる実力がほしい」と考え、BBT大学院で学ぶことを決めた森さん。

入学当時は、外資系の化学・食品・バイオサイエンス系のメーカーにて営業職に従事していましたが、BBT大学院在学中に「もっと挑戦したい」とスタートアップへの参画を決意し、株式会社M&Aクラウドへの転職を成功させました。

「経営の総合格闘技」とも呼ばれるM&Aの仕事は、事業戦略、マーケティング、ファイナンス、人事、ガバナンスなど、あらゆる経営の知識と実践力を用いて行われるダイナミックな意思決定です。「M&Aのアドバイザーやエグゼキューションを手掛ける現業において、BBT大学院で学んだ体系的な経営スキルは大いに役立っている」「“MBAホルダー”だと意識することで、日ごろの仕事の成果や思考発信などに緊張感が生まれ、アウトプットの価値が向上した」と言います。

▶森さんのインタビュー詳細は、「ROLE MODELS」へ

BBTでの学びによって、やりたいことをやり抜く人生を選べるように

小野孝太郎さん(2014年 春期入学)
BBT大学院在学中に21年間勤めたOracle Corporation (シリコンバレー本社勤務)を退職し、残りの人生は「心が強くて優しいリーダーを沢山育てる」をミッションに、「全ての人がやりたいことをやり尽くす世界」をビジョンに生きていくことを決意した小野さん。
オラクル退職後は、「どうしても公教育の現場を経験したい」と、福岡県で小学校の教師を2年間経験。その後、シリコンバレーに戻り、個人事業主として複数の事業を立ち上げました。

今後のビジョンについては、「将来は日本に戻り、誰でも入れる高校を経営する予定です。高校生でも様々な痛みを経験している人が多数いるのが事実です。そういう子どもたちが私の高校で心に火をつけて、“心が強くて優しいリーダー”に育つ。そんな高校を必ず経営したいです」と語っていました。

▶小野さんのインタビュー詳細は、「ROLE MODELS」へ

6.世界に通用するビジネススキルを転職でも活用しましょう!

世界に通用するビジネススキルを転職でも活用しましょう!

業界や企業によって、MBAを取得していることで転職に有利になる場合があります。また、MBAホルダーを特に優遇してない企業であっても、経営大学院で学んだ経営やビジネスの知識やスキルを業務に生かせることが採用時にアピールできれば、有利になるといえます。

BBT大学院をはじめ、100%オンラインで受講できるMBAプログラムなら、時間・地理的な制約を乗り越え、仕事やライフスタイルに合った学習が可能です。

BBT大学院のオンラインMBAなら、グローバル化するなかで求められるオンラインでのコミュニケーションスキルも、身につけることができます。ビジネスのグローバル化が進み、VUCA時代が到来したといわれる昨今、世界に通用するビジネススキルをBBT大学院で身につけ、転職でも活用しましょう!

100%オンラインのMBAプログラムで、具体的にどのように学ぶのか、なかなかイメージできない方も少なくありません。そこで、BBT大学院では、一人ひとりがその場で疑問や不安点を十分に解消できるよう、少人数制による説明会を定期的に開催しています。

「オンライン説明会」なら、どこでもご参加可能です。参加に必要なものはインターネット環境とPC・スマホのみなので、お気軽にご参加いただけます。